春日|マミーズ・アン・スリールのアップルパイ ゴロゴロ入ったりんごとサクサクのパイ生地はシンプルで飽きがこない。これぞまさに定番。

レスポンシブ広告

文京区西片にあるマミーズアンスリール(mammies an sourire)本店に行ってきました。

マミーズアンスリール

マミーズの本店は、都営三田線春日駅から徒歩約3分。言問通り(ことといどおり)沿い、菊坂下交差点付近にあります。
隣はアトリエ・ド・マヌビッシュ。(春日駅からのアクセスはマヌビッシュ訪問の記事をご覧ください。)

店内の様子

入ると正面にショーケースがあります。定番かつ一番人気のプレーンなアップルパイのほか、サワークリームアップルパイ、チーズアップルパイ、オレンジパイ、ブルーベリーパイ、パンプキンパイが並んでいます。

マミーズアンスリール

左側の冷蔵ケースには、レモンパイ、ヨーグルトアップルパイ、チーズケーキ、りんごジュースなどがあります。

マミーズアンスリール

店内にはテーブル席があり、イートインすることもできます。

マミーズアンスリール

親切な店員さんに聞くと、「長居はご遠慮いただいておりますが、どうぞご自由にご利用ください。ドリンクは提供していないのでほんとにただ食べるだけになってしまいますが。」とのこと。ちょっとしたスペースでも、買ってすぐ食べられる場所があるのは嬉しいですね。

定番のアップルパイ

この日は時間がなかったので、アップルパイをテイクアウトしました。

アップルパイ 430円(税込み)

マミーズアンスリール

サクサクのパイ生地に、ゴロゴロ入った信州りんご。

マミーズアンスリール

りんごの自然な甘さとシャクシャクした食感がたまりません。りんごの下には甘さ控えめな自家製カスタードが敷きつめられています。

マミーズアンスリール

原材料は、りんご、小麦粉、バター、卵黄、砂糖、牛乳、シナモンといたってシンプル。余計なものがいっさい入っていないところがお母さんの手作りっぽくて、誰からも愛される飽きのこない味の証拠ですね。

マミーズアンスリール

りんごは種類によって季節ごとに味が大きく変わるので、その時期に一番新鮮で美味しい旬のりんごを選んで使用。5種類以上を使い分けているそうです。卵は青森産、パイ生地との相性が良い小麦粉など厳選された材料を使用。

温め方のメモが入っていました。

マミーズアンスリール

オーブンの場合 140℃〜150℃に温め、約10分
トースターの場合 アルミホイルをかぶせ、7〜8分

マミーズはここ文京区西片が本店です。他に4店舗(谷中店、東武池袋店、ecute上野店、大丸東京店)あります。

マミーズアンスリール

アップルパイなど一部商品は、Amazonでも購入できます。

マミーズ アップルパイ

マミーズ・アン・スリール 本店 (mammies an sourire)

東京都文京区西片1-2-2
都営三田線・大江戸線 春日駅A6出口から徒歩3分
営業時間 [月~金]10:00~19:00 [土・日・祝]9:00~19:00
定休日 不定休

Everyday SANDWICH!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加